和久研究室
Top Page 教官紹介 研究テーマ 授業内容 メンバー紹介 アルバム アクセス リンク

和久研究室

授業のテーマ

@ 建設産業における魅力と課題について学習し、建設産業の実態を理解する。

A 実業界からの情報も積極的に取り入れ、実務に強い技術者の養成を目指す。

B 具体的には、土木構造物の設計・企画から入札契約、施工、供用・維持管理等のライフサイクルに
  関するマネジメントについて学習する。その中でアセット・マネジメントも扱う。

C 建設分野全体の問題として、施工管理・環境行政・技術者倫理・資格制度も扱う。

D 講義名は、学部では「建設マネジメント」、大学院では「施工計画論(インフラ経済論)」となっている。
  「施工計画論(インフラ経済論)」では、特に、アセットマネジメントを中心に講義を行う。


授業内容

(1) 学部:
建設マネジメント 授業計画


講義の目的
 1.建設産業の現状と課題及び、その解決策について理解する。
 2.実業界からの情報を積極的に取り入れ、これを学習することによって、実務に強い技術者を育成する。
 3.講義内容を以下の表に示す。具体的には、建設マネージメント能力の取得と、環境問題に関する学習である。また、技術のみならず、「技術者資格と倫理」についても学習する。

達成度評価
 1.毎回の授業の終わりに小テストを行い、出席状況と達成度を確認する。
 2.期末試験を実施する。
 3.評価点の比率は、出席点(15%)、期末試験(85%)とする。合計で60%以上を合格とする。
 4.上記の3により不合格となった者は、出席率が2/3を越える者に限って再試験を受けることができる。
 5.やむを得ない事由で定期試験を受けなかった者については追試験を行う。但し、「やむを得ない事由」を証明するものを必要とする。

タイトル キーワード
第1章 建設産業の魅力と課題 土木構造物の種類と機能、経済的規模、生産形態
第2章 土木構造物のライフサイクル ライフサイクル、フィジビリティ・スタディ、住民合意形成、費用便益分析、割引率
第3章 建設と生態系保全 食物の生態系ピラミッド、他自然型河川、ビオトープ、ミチゲーション
第4章 建設とリサイクル 物質フローと物質収支、産業廃棄物、一般廃棄物、建設副産物
第5章 地球温暖化対策 地球環境問題、京都議定書、排出権取引、建設業界のCO2対策
第6章 循環型社会の構築 循環型社会基本法、建設リサイクル法、サスティナブルコミニティによる街づくり
第7章 環境管理システムISO14000 ISO14001、審査機構、環境側面と環境影響評価、改善システム
第8章 現地踏査(地形と工事) 地形の成り立ち、自然堤防、三角州、河岸段丘、地滑り
第9章 現地踏査(断層と工事) 断層の種類、構造線、破砕帯、すべり面、断面と施工
第10章 設計・積算 設計手順、積算体系、予定価格、標準歩掛、実行予算
第11章 入札・契約 談合、倫理、入札制度総合評価方式、PFI、VE制度
第12章 施工計画と施工管理 工期・品質・原価の関係、測量・GPS、安全管理
第13章 トンネルの施工 シールド・山岳トンネル、NATM
第14章 土木構造物の維持管理 アセットマネジメント、工学的検討、財務経済的検討、橋梁管理システム
第15章 技術者の資格と倫理 技術者資格、道徳と倫理、土木学会倫理規定、ワシントン協定、JABEE
[凡例] 青:財務・経済的マネジメント緑:環境マネジメント、黒:工学的マネジメント、赤:資格と倫理

(2) 学部:
社会基盤基礎演習 授業計画
 (ただし、前半を和久先生が担当し、後半を北野先生が担当します)
タイトル タイトル
第1章 建設産業の経済活動
(事業内容・事業の執行)
第9章 1次元データの解析
第2章 建設のライフサイクル 第10章 2次元データの解析(相関)
第3章 品質管理手法 第11章 2次元データの解析(回帰)
第4章 品質管理の基本数学 第12章 確率分布:2項分布、ポワソン分析
第5章 測量の基本 第13章 確率分布:正規分布、ガンマ分布
第6章 GPS測量 第14章 大数の法則
第7章 最小自乗法 第15章 中心極限定理
第8章 中間試験 第16章 期末試験

(3)大学院:
施工計画論(インフラ経済論) 授業計画

タイトル キーワード
第1章 インフラ経済概論 インフラ経済の概要と、建設の生産形態全体像
第2章 ライフサイクルコスト(LCC) LCCと割引率と割引現在価値、残存価値
第3章 費用便益分析と事業評価 市場財・非市場財、消費者余剰、便益の評価手法
第4章 現価法と年価法 LCCの経済比較手法
第5章 財務諸表 損益計算書と貸借対照表、経営状態の健全度
第6章 キャッシュフローと現在価値 キャッシュフロー計算書、減価償却法
第7章 正味現在価値法(DCF)とOption DCF、リスクプレミアム、資本コスト(WACC)
第8章 リアル・オプション(Real Option) リアルオプションの投資問題への応用
第9章 Option価値の計算法(Black&Sholes式) Black&Sholes式によるオプション価値の計算
第10章 2項モデルによるOption価格計算 連立方程式法、複製資産法、後退法による計算法
第11章 リアルオプションの社会資本への適用 リアルオプションの建設事業への適用例
第12章 建設事業コストの最適化問題 LCC最適値(最小値)の算定法
第13章 マルコフ過程による維持管理問題 マルコフ過程による劣化過程の関数化
第14章 PFI(Private Finance Initiative) PFI事業の成否判定、リスク分担、内部収益率
第15章 ニューパブリック・マネジメント(NPM) 行政経営、行政評価、公会計改革、インフラ会計
[凡例] 青:財務・経済的マネジメント


当サイトに掲載されているコメント等の情報は、ご確認のうえご利用下さい。

▲ ページの先頭へ

Home > 授業内容
サイトマップ   連絡先